プロダクト | 応用分野 | 技術サービスサポート・ダウンロード | 新着情報 | 会社情報 ホーム | サーチ | ヘルプ

解析と実験(テスト)の統合

概要

解析と実験の統合は、以下のようなエンジニアリング・チーム全体の有益な共働プロセス化を可能にします。

  • FEA結果は実験(プリテスト解析)を最適化するために使用することができます。

  • それらの解析手法によって、顕著な構造特性、剛性特性、(例えば、弾性結合)材料特性、荷重(非破壊、間接、試験)を識別します。

  • 有限要素モデルを検証(誤差局在化、相関分析、モデルアップデート)し、検査結果は参照データとして使用することができます。問題(トラブル)の物理物特性や未知の物理特性を識別し、有限要素中の不確実性を推定し、モデルアップデートを実行することができます。

  • FEモデルとテスト・モデルのそれぞれの部分を組み合わせた混合モデルは、モデルサイズの考慮も可能なため、より適切なバランスの解析モデルを構築するために使用することができます。

解析と実験の統合によって、それらの技術を適切に管理することができ、設計最適化、音響学、疲労解析などのシミュレーションに対して、多くの信頼を得ることが可能になります。さらに、それらは将来のモデリング知識の向上をもたらし、再使用可能な知識を構築し、より迅速な技術的判断と計画の実行が可能になります。

応用

  • FEモデルの検証、アップデート、メッシュ生成
  • 振動テストの構造モニタリング、損害検知/材料同定
  • プリテスト解析
  • システムマトリックスの縮小、メッシュ検証
  • ハイブリッド・モデリング、シンセシス

FEMtoolsおよびその他の関連製品は、DDS社またはその関連会社の登録商標です。
© 2017 - Dynamic Design Solutions (DDS) NV. All Rights Reserved.